公式プロフィール

市原 雄亮
新潟県上越市出身 神奈川県横浜市在住
成蹊大学法学部法律学科卒業

 4歳よりピアノを始める。中学校でテューバに出会い、後にトロンボーンに転向。大学は法学部へ進み、在学中に指揮を本格的に学び始める。
 法学と指揮を学びながら大学を卒業。2006年より指揮者として活動を開始。2011年に神奈川フィルハーモニー管弦楽団で開催された副指揮者オーディションへ応募。第二次審査まで進み、同楽団を前にメンデルスゾーンの《交響曲第3番「スコットランド」》を指揮。当時の常任指揮者、金聖響氏や楽団メンバーより好評価を受ける。その後、(現・公益財団法人)神奈川フィルハーモニー管弦楽団のリハーサルに帯同し、研鑽を積んだ。
 2012年、日本初のゲーム音楽プロオーケストラ「一般社団法人 日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」を立ち上げ、首席指揮者に就任。現在は後継団体である「新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」の代表、指揮者を務め、運営を行っている。

 メインであるオーケストラでのクラシック音楽の指揮活動の傍ら、音楽誌やウェブメディアでの連載、ソニーレコードのクラシックCDライナーノーツ執筆等の文筆業も行っている。
 読売新聞朝刊全国版第2面に個人として特集記事が組まれ掲載された他、地上波TV番組への出演、人気ゲームソフト“ファイナルファンタジー”シリーズのBGM収録での指揮など、注目を集めつつ、精力的な活動を繰り広げている。2019年にはNHK総合“SONGS OF TOKYO”でX JAPANのYOSHIKI氏と共演。

 これまでに大小問わず100回以上のコンサートの企画運営を行う等、指揮のみならずコンサートのプロデュース、ディレクション、マネジメントの分野でもマルチに力を発揮している。
 その他、楽譜の制作にも力を入れており、公式商品として「ナイツ NiGHTS into Dreams...」(セガ)ピアノ譜、「英雄伝説 碧の軌跡」(日本ファルコム)ピアノ譜、「ロックマンX」(カプコン)シリーズ25周年記念のバンドスコア・ピアノ譜、「テイルズ・オブ・ファンタジア」(バンダイナムコエンターテインメント)ピアノ譜のディレクションを行う。また、2019年にはゲーム音楽(「アクトレイザー」)の全曲スコア化プロジェクトという世界初となる企画を立ち上げ、クラウドファンディングで国内外から約350万円の出資を集め、成功を収めた。

 トロンボーンを高階恵、三輪純生の両氏に、指揮を金丸克己氏に師事。